menu

NEWS

2018.6.14

【2018.06.14】TBS NEWSにて「高齢者等身元特定支援サービス」が一部紹介されました。

TBS NEWSの記事内で、認知症による行方不明者が過去最多の1万5800人にのぼることが警察庁のとりまとめで分かったことが書かれています。

その中で、今後の対策として弊社の「高齢者等身元特定支援サービス」が一例として紹介されました。

こちらは、徘徊者が保護された際に静脈パターンを照合することで、迅速な身元特定ができるサービスです。

以下、TBS NEWSより抜粋
——————————————————————–
「今後、更なる増加が見込まれることから、各地の警察では、静脈認証システムなど身元確認の迅速化に向けた取り組みに力を入れ始めています。」
■TBS NEWS
掲載日:2018年6月14日(木)
タイトル:認知症による行方不明者が過去最多、5年で1.65倍に


TOP