menu
「Join Doc」とは、テレワーク環境など遠隔地間で資料を共有するためのサポートツールです 「Join Doc」とは、テレワーク環境など遠隔地間で資料を共有するためのサポートツールです

働き方改革、コロナ禍により、テレワークが一般化してきていますが、急なテレワーク化により対策が確立されておらずコミュニケーションロスが起こりやすいという問題が指摘されています。

本ツールは、テレワーク環境など遠隔地間で資料を共有するためのサポートツールです。

複数のテレワーク環境を導入されているすべての企業様を対象としたサービスです。

急場しのぎでスタートした企業のリモート環境。
「現状は最善なのか?」 見直す時期にきていませんか?
重要な資料を共有してもセキュリティ面は本当に大丈夫?
別のユーザが共有資料を意図せず改変してしまい、戻す方法がわからない・・・
共有した資料、全員にメール連絡してあるけれど、対象者全員が確認したか管理したい
毎回、資料を共有したことをメールングリストなどで連絡するのが面倒
「Join Doc」が現場の悩みを一気に解決します! 「Join Doc」が現場の悩みを一気に解決します!

重要な資料を共有してもセキュリティ面は本当に大丈夫?

Join Doc
128bit SSL暗号化通信

128bit SSL暗号化方式で通信を行っており、通信電文が傍受された場合のセキュリティ対策も講じています。
さらにセキュリティを重視する方には、オンプレミス版もご用意しております。

共有した資料、全員にメール連絡してあるけれど、対象者全員が確認したか管理したい

Join Doc
公開フォルダの閲覧状況表示

公開中の資料については、閲覧可能ユーザ毎に既読率を確認することが可能です。各ユーザ毎に、どの資料が何ページ既読であるかをサーバ側で管理しているため、リアルタイムにページ単位の既読率を確認できます。

別のユーザが共有資料を意図せず改変してしまい、戻す方法がわからない・・・

Join Doc
資料の印刷イメージを共有

原本となる資料への意図しない改変や削除を禁止するために、公開する資料のファイルを直接共有せず、印刷イメージを共有する方式を採用しています。
Excelファイルについては、印刷イメージをシート単位でタブにまとめ、アプリ上の操作感に近い形で操作頂けます。

毎回、資料を共有したことをメールングリストなどで連絡するのが面倒

Join Doc
文書公開の開始/停止通知メール機能

文書フォルダの公開開始、公開停止について、メール通知機能をご利用頂けます。宛先の指定はプリセット機能、本文については定型書式機能を使用することで、手間なく簡単に通知メールを送信できます。また「ブックマークファイル」が自動添付され、ダブルクリックで対象の公開フォルダを簡単に開くことができます。

「Join Doc」3つの特徴

資料の配布

  • 会議形式だけでなく、掲示板形式での資料共有が可能
  • 担当者毎の資料既読状況が確認できる
  • 閲覧時に、Grep検索で目的の記述にジャンプ可能

資料へのコメント追加

  • 資料の元ファイルに手を加えず、コメントを登録できる
  • 挿入されたコメントがリアルタイムに同期

議事録の作成

  • 議事録(フォルダ公開記録)を自動作成できる

Join Doc
メイン画面イメージ

各情報ペインについては、必要に応じて表示/非表示の切り替えを行います。

フォルダツリー

公開されているファイルと自分の既読率が表示されます。

閲覧ユーザー一覧

現在ファイルを閲覧しているメンバーが表示されます。

コメント一覧

記入されたコメントが一覧で表示されます。

Grep検索結果一覧

検索したキーワードを含む箇所が一覧で表示されます。

利用シーン

会議

会議時に、会議前の資料確認から会議後の議事録共有・確認まで一貫して使用していただけます。

会議前
会議主催者が資料を公開

会議参加者は事前に資料を確認し、確認/討議すべき箇所にコメントを登録します。
※開催期間中はいつでも文書閲覧・コメント登録が可能

複数人で同時にコメントの入力が可能です。また、自分のコメントが上書きされたり、他人のコメントを上書きしてしまうこともありません。

会議中

会議前に登録されたコメントを討議の中心とすることで、濃い会議の実現と会議時間の短縮が見込めます。
本ツールの資料共有は、Web会議ツールの画面共有機能とは異なり、任意の参加者の画面追随や別資料の閲覧など、利用者が自由にコントロールできる機能を有しています。
また、会議前と同様に討議の結果や経緯などをコメントとして登録することで、会議内容をデータ化して保存することが可能です。

会議後
会議主催者が議事録として
フォルダ公開記録を出力

出力した議事録ファイルをさらにJoin Docで公開することで、参加者が議事録をどのくらい確認したかの可視化が可能です。
可視化による議事録確認の徹底が進むことで、「やりっぱなし会議」の抑止も見込めます。

社内掲示板

社内文書(規定やマニュアル)の更新や新訂時の確認時の使用やその後の社員への公開にも
使用が可能です。原稿チェックやデザイン案のチェックにも使用できます。

文書作成
管理部門
規程修正後の確認
規程修正後の確認

文書公開時にPWの設定や閲覧ユーザーの設定を行うことで文書閲覧範囲の設定が可能になります。

上司
誤字脱字等のチェック

誤字脱字等のチェック

文書掲示
管理部門
新しい文書の公開

新しい文書の公開

全社員

規程の確認が可能

各社員毎の既読・未読状況の確認が可能です。

Join Docの機能

既読率確認

文書を公開したユーザは、閲覧可能メンバーの既読率をファイル毎にページ単位で確認することが可能です。

Grep検索

全ての公開文書を対象に、指定してキーワードを含む箇所を一覧表示し、該当箇所をマークアップ表示できます。
検索結果一覧をダブルクリックすることで対象ページにジャンプすることも可能です。

通知機能

文書の公開を開始・終了する際に、メンバーへのメール通知が可能です。
また、既存のWeb会議ツールとの併用を想定し、Web会議URL入力欄もご用意しています。

ブックマークファイル

ダブルクリックで、即座に対象ファイルの閲覧を開始できる「ブックマークファイル」が出力できます。
なおブックマークファイルは、前述の公開通知メールにも自動で添付されます。

動作環境

日本語オペレーティングシステム Windows 10
CPU OSのシステム要件に準ずる
メイン メモリ OSのシステム要件に準ずる
ハードディスク空き容量 1GB 以上の空き容量
※ご利用の環境、使用するファイルによってはさらに多くのディスク領域が必要です。
光学ディスク装置 CD-ROM ドライブ又は DVD-ROM ドライブ
※プログラムを光ディスクからインストールしない場合は必要ありません。
ディスプレイ 高解像度ディスプレイ
※テキスト、アプリ、その他の項目のサイズが125%以上の場合画面に収まりきらない場合があります。 (テキストやその他の項目の大きさ)
ネットワーク Join DocサーバとTCP/IPv4で通信可能であること
必須ソフトウェア Microsoft Office 2013, 2016, 2019
※Microsoft Officeの表示言語と異なる言語モードで本ソフトウェアをご利用になる場合は、その言語のOffice言語パックが必要です。
その他 マウス、キーボード

お問い合わせ・ご相談、
無料で承ります

Join Docについてのご要望・ご質問などお気軽にご相談ください。
後日担当者よりご連絡させていただきます。

*は必須

お名前
ふりがな
メールアドレス
確認用メールアドレス
会社名
電話番号
お問い合わせ種別
お問い合わせ内容

入力フォームにより取得する個人情報の取扱について

当社の名称
株式会社クライム
取得した個人情報の利用目的
当社は、当社ホームページの入力フォームにより取得させていただいた個人情報について、お問い合わせへの回答にのみ利用いたします。なお、取得させていただきました個人情報につきましては必要な期間、当社で適正に管理した後、消去させていただきます。
第三者への提供
当社は、本人の同意がある場合及び法令で定める場合を除き、入力フォームにより取得させていただいた個人情報を、第三者へ提供いたしません。
個人情報の取扱の委託
お問い合わせで入力頂いた個人情報の取扱いを他の事業者へ委託することはありません。
個人情報提供の任意性について
個人情報のご提供は任意です。ただし、ご提供いただけない場合には利用目的の達成が困難になります。
情報の開示・訂正・利用停止等について
ご提供いただきました個人情報の利用目的の通知、開示、訂正・追加または削除、利用停止・消去または第三者提供の停止をご請求される場合は、あらかじめ「開示等請求手続き」をご覧頂いた上で、次項の問い合わせ窓口へお問い合わせください。
個人情報の取り扱いに関する問合せ先
連絡先 株式会社クライム 個人情報総合窓口
電 話:027-395-5001(土日祝日及び弊社指定休日を除く 9:00~17:00)
メール:privacy@climb-net.co.jp


TOP